やきとり

 

一度食べたらくせになる味 名物「やきとり」

 

東松山市には多くのやきとりのお店があります。通常、やきとりと聞くと鶏肉を串焼きにして塩や甘いタレをつけたものを想像しますが、東松山市の場合は、豚肉のカシラ肉(顔やほほの肉)を焼いたものをピリカラのみそだれをつけいただくものです。この味は昭和30年代に誕生し、いまなお親しまれております。

 

image01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和20年代、東松山駅の周りは、まだ桑畑であったそうですが戦後の経済成長とともに駅の乗降客が増え、リヤカー式の屋台が出てきました。食糧難の時代であり、屋台のメニューとして、ホルモン(内臓等)が食べられていましたが、市内に食肉センターがあり、そこであまり使われていない豚のカシラ肉をホルモンに変わって使用したのが東松山のやきとりの始まりと云われています。また、昭和30年代に味付けとして、在日朝鮮人の店主が開発した"みそだれ"が、やきとりと絶妙なハーモニーをかもしだしております。

 

 

image02.jpg